ご挨拶

 

急成長し続けるIT化社会において
重要度を増すのは
「ヒューマンリテラシー(人間力)を
ベースとした
情報モラル教育」です!

近年、「ネット/スマホ」に「使われてしまう」のではなく、自分のために「道具として使いこなす」能力は、一層重要な位置づけとなりました。
 
しかし、現状はどうでしょうか?
急増するSNS関連の事件や、ネット依存など、犯罪は勿論、心身に重大な影響を与える「ネット/スマホ」の使い方自体が問題視されています。
 
特に子どもたちに与える影響は深刻です。
SNS関連トラブルによるいじめや引きこもり、ネット依存による脳機能低下など学業低下だけでなく、進学や就職などの子どもの将来にも大きな影響を及ぼしています。
 
「SNSでは仲間と楽しく会話できてる、リアルな友達や大人とは目を合わせて会話ができない」、「ネット上で認められなければ自尊心を保てない」、「次に起きる状況や結果を深く考える力がない」、などの現状は、この先の社会を形成する若者の成長として大変懸念すべき状況です。
 
このような問題の要因は何でしょうか?
それは、日本の学校教育の中で、社会で生きていく中で一番必要とされる、「コミュニケーション力」や「シンキング力」教育がほとんど実施されていない事です。
 
「守り」の情報リテラシー教育でさえ、「攻め」のICT教育と同程度には実施されていません。
まず「守り」をしっかり行わずして、ICTの有効活用はあり得ません。
ICT化やプログラミング教育に注力するのであれば、それに比例した「情報力/人間力」を同上させる教育も不可欠になります。
 
今後、どれだけAI社会が台頭しても、私たちが人間である限りは、相手の感情や状況を読み取り、読み取った情報を深く考えて、適切に発信するスキルや、重要な場面での「対面コミュニケーション理論」は欠かせません。
 
それで、子どもは勿論、保護者や教員、地域の大人が、「ヒューマンリテラシーをベースとした情報モラル感覚」を身につける事が急務です。
 
その事が、コミュニケーション不足から発生する誤解やトラブルを最小限に留めるだけでなく、私たちの心身の健康を守る、最善な人生を送る事に直結すると私達は考えています。
 
そこで、私たちは学校教育だけでは不足する「ヒューマンリテラシーをベースとした情報モラル教育」を地域社会の全ての方に実践していくために、このNPO法人を設立しました。
 
この趣旨の元、今度、ITがどれだけ進歩しても、それを上手に利用し、「血の通ったツール」として使いこなせるふうに、「総合情報モラル教育プログラム」を軸とした各種プログラムを御提供しています。
 
プログラム内容は、支援してくださる医療関係者、大学関係者、その他専門家により、日々レベルアップされています。
 
ぜひ、私たちの多様なサービスをご活用下さい。
 
 

理事長:杉山 岳
 

急成長し続けるIT化社会において、重要度を増すのは、
「ヒューマンリテラシー(人間力)をベースとした情報モラル教育」です!

近年、「ネット/スマホ」に「使われてしまう」のではなく、自分のために「道具として使いこなす」能力は、一層重要な位置づけとなりました。
 
しかし、現状はどうでしょうか?
急増するSNS関連の事件や、ネット依存など、犯罪は勿論、心身に重大な影響を与える「ネット/スマホ」の使い方自体が問題視されています。
 
特に子どもたちに与える影響は深刻です。
SNS関連トラブルによるいじめや引きこもり、ネット依存による脳機能低下など学業低下だけでなく、進学や就職などの子どもの将来にも大きな影響を及ぼしています。
 
「SNSでは仲間と楽しく会話できてる、リアルな友達や大人とは目を合わせて会話ができない」、「ネット上で認められなければ自尊心を保てない」、「次に起きる状況や結果を深く考える力がない」、などの現状は、この先の社会を形成する若者の成長として大変懸念すべき状況です。
 
このような問題の要因は何でしょうか?
それは、日本の学校教育の中で、社会で生きていく中で一番必要とされる、「コミュニケーション力」や「シンキング力」教育がほとんど実施されていない事です。
 
「守り」の情報リテラシー教育でさえ、「攻め」のICT教育と同程度には実施されていません。
まず「守り」をしっかり行わずして、ICTの有効活用はあり得ません。
ICT化やプログラミング教育に注力するのであれば、それに比例した「情報力/人間力」を同上させる教育も不可欠になります。
 
今後、どれだけAI社会が台頭しても、私たちが人間である限りは、相手の感情や状況を読み取り、読み取った情報を深く考えて、適切に発信するスキルや、重要な場面での「対面コミュニケーション理論」は欠かせません。
 
それで、子どもは勿論、保護者や教員、地域の大人が、「ヒューマンリテラシーをベースとした情報モラル感覚」を身につける事が急務です。
 
その事が、コミュニケーション不足から発生する誤解やトラブルを最小限に留めるだけでなく、私たちの心身の健康を守る、最善な人生を送る事に直結すると私達は考えています。
 
そこで、私たちは学校教育だけでは不足する「ヒューマンリテラシーをベースとした情報モラル教育」を地域社会の全ての方に実践していくために、このNPO法人を設立しました。
 
この趣旨の元、今度、ITがどれだけ進歩しても、それを上手に利用し、「血の通ったツール」として使いこなせるふうに、「総合情報モラル教育プログラム」を軸とした各種プログラムを御提供しています。
 
プログラム内容は、支援してくださる医療関係者、大学関係者、その他専門家により、日々レベルアップされています。
 
ぜひ、私たちの多様なサービスをご活用下さい。
 
 

理事長:杉山 岳
 

団体名 NPO法人 静岡ICT教育21
理事 杉山 岳  北條 敦司  斎上 達
法人詳細情報 こちらをご覧ください
所在地 〒421-0115静岡県静岡市駿河区みずほ3丁目4-6
活動分野 教育分野、現場における「総合情報モラル教育プログラム」の提供及びコンサルティング
「人間力」を強化する「ヒューマンリテラシー教育プログラム」の提供及びコンサルティング
ネット依存に関する予防及び対応プログラム全般
地域の方を対象とした各種ICT関連講座の開催
個人相談/個別レッスンの提供
専門医療機関、大学との共同研究
お問合せ先 お問合せはこちらからどうぞ